新車かどうか

何時でも使える、自分専用の車の購入を考えて、購入資金も溜ったところで、自分の乗りたい車を選んで、いよいよ購入となります。

 
仕事に行くための、通勤用であるにしろ、家中で何かと使うための車であっても、運転している以上は、いつ何時、どのようなことがあるかは判らず、万一の時のことも考えて、任意の自動車保険に入っておきます。

 

気を付けていても、もらい事故を受けることがあり、何かと補償を持っていた方が安心となります。

 

自動車保険の加入も、購入したばかりの新車には、それ相応に優遇される規定があり、そのための割引が適用されます。新しい車だけの、特権となる処置であり、その年だけは金額の面で有利になっていきます。

 
その優遇される処置は、どの自動車保険会社でも同じであり、何処に加入しても適用されます。それが同じ車でも、翌年になってしまいますと、同じ割引は受けられず、車も年式が一年過ぎることにより、事故の場合の補償に当る車の価格も、少し下がったものとなってしまいます。

 

そのように、年々車の年式が遠のくにつれて、一般の車への相場が変わっていき、その価格がどんどんと下がったものとなっていきます。保険会社によっては、この年式による価格に違いがあり、有利になるところもあります。