運転者限定

運転する人を限定することで保険が安くなる特約です。

 

一般に本人限定、夫婦限定、家族限定があります。

 

本人はもちろん本人だけ夫婦は夫婦二人だけ、家族限定は、同郷の親族までを保険の範囲とします。

 

それ以外の人には保険が効きませんので、別居の親族や友人などが運転する可能性がある場合はこの特約を付けない方がいいでしょう。

 

しかしたまに飲酒した帰り等に運転代行業者を頼むので限定していないと言う人が居ますが、それはあまり意味がないので、必要がないでしょう。

 

何故なら運転代行行など業務として使用している間はその自動車につけられた自動車保険では、業者は被保険者にならないので自賠責保険のみしか支払われません。

 

ですからどちらにしても必要のないものなのです。

 

しかし運転代行を依頼している場合、車の保有者にも一定の責任が生じます。

 

このためにもし業者が賠償の支払いに応じることが十分に出来ない場合には責任を追及される可能性もあります。

 

そのときにどうすればいいのでしょうか。実は運転者限定特約を付けていても自分の自動車保険から賠償されます。

 

一般的には特約の例外規定があり、それが適用される為です。業者が受諾中に起きた事故によって賠償責任が生じた場合補償されることになっているからです。

 

また自動車が盗難にあり事故をした場合なども賠償されます。