使用状況の考え方

 

強制加入保険である自賠責保険は費用や保険内容は一定ですが、任意の自動車保険は保険内容を自由に設定することができ、また車を普段どのように使っているかによって、費用が違ってきます。

 

使用状況に関して問われるのは、まず年間走行距離です。

 

年間3000キロ未満、5000キロ未満、10000キロ未満というように年間走行距離を申告します。

 

また、使用目的が問われます。仕事で使うのか、通勤通学で使うのか、あるいは買い物のときなどに使用するのかを申告します。

 

さらに、使用するのは本人あるいは夫婦限定か、それとも限定なしか、年齢も重要な項目です。

 

それぞれの使用する状況や目的によって、事故の発生率が違ってきます。

 

年間走行距離が長くなればなるほど事故の発生率が上がります。

 

また、仕事や通勤などで毎日使用するほうが、近距離の買い物程度の使用に比べたら事故の発生率が上がります。

 

また使用者の年齢が若ければやはり事故の発生率が上がります。

 

事故の発生率が高いほど保険加入に必要な費用も上がります。

 

すべて自己申告になりますが、嘘を申告してはなりません。

 

万一事故が起こり、その嘘が発覚した場合、保険金が支払われない可能性があります。

 

途中で状況が変わった場合は速やかなにその旨を伝えましょう。