保険料の決まり方について

自動車保険の保険料は人によってその額が違ってきます。これにはあらゆる要素によって算出方法があります。

 

まずは保険の等級があり等級の数字が大きいほど保険が安くなります。交通事故を起こして車を修理する際に保険を使用しますと、ひとつの事故により等級が3等級下がり額が上がるようになります。
他には免許証の色で保険の額が違ってきます。

 

最初はグリーンで始まり最初に更新をするとブルーに切り替わります。

 

その後5年間無事故無違反でしたらゴールドに切り替わります。保険は免許のカラーがグリーンの時が一番高く、ブルー、ゴールドになるにつれ安くなります。

 

割引率はゴールド免許が一番大きくなります。
車が新車の場合は中古車に比べて、故障などのトラブルが少ないということと事故のリスクが少ないとみなされて保険が割安になっています。

 

また年間の走行距離によって保険の額が変わるということもあります。

 

さらには車の使用目的、日常使う場合や通勤・通学、仕事目的で使う場合によって保険の額に違いがあるようです。
あとは自動車免許を取得したばかりの人と運転歴の長い人とでしたら事故を起こす確率が違ってくるので、各保険会社から年齢制限が設けられています。

 

年齢が高くなるにつれて保険が安くなるという仕組みです。